射手座☆午後9時Don't be late


超久々にCD買った。マクロス・フロンティアのサントラCD♪
ゴージャス・デリシャス・デカルチャー☆ って感じですね。

タイトルに書いたのは、銀河の歌姫シェリル・ノームが歌う曲の名前。
曲中でもこのフレーズがあるんだが、ライナーノーツ見るまでなんて歌詞なんだか全然聞き取れなかった(^^;

しかしマクロスFの音楽はみなすごい。さすが菅野よう子先生作曲だ。
いま日本で最高のアニメ音楽作曲家だと思う。

マクロスFのスタッフロールを見ててはたと気がついたのが、作画に板野さんが入ってないではないか( ̄□ ̄;
ええ〜 じゃあ今回のマクロスのミサイルは板野サーカスじゃないのか!?

板野サーカスとは、アニメーター板野一郎氏が確立した華麗なるミサイル飛翔シーンのことを言う。
板野サーカスという表現が初めて出たのは、初代マクロスのときだが、独創的な画面を埋め尽くして乱舞するミサイルの表現は、氏がイデオンのアニメーターをやったときに既に導入されていたと聞く。

確かにイデオンのミサイルは衝撃だった。
イデオン自体は当時小学生であった私には難しくてわけわからん作品だったが、イデオンミサイル発射ごっこはけっこう流行った記憶がある。

板野サーカスの肝の一つは、ミサイルの動きにあわせてカメラの視点も動的に移動するというところで、ミサイルと一緒にカメラも飛んでいる。見ているひとがミサイルの気持ちになれる( ̄▽ ̄ というところ。

板野サーカスのミサイルと、そこらの普通のアニメーターが描くミサイルは、本物のカニとカニカマぐらいの違いがある。

今のところ日本で板野サーカスの技術を完全に習得しているのは、板野氏以外には三人しかいないんだそうだ。
そのうちの一人がエヴァンゲリオンの庵野秀明。アニメーターとしての技術もすげーんだな、庵野さんは。

実際、マクロスFの戦闘シーンをじっくり見てみると、ミサイルの動きがイマイチというか、視点が定点的になっている。確かに板野サーカスじゃないなこれは。

なんで作画に板野さんが入らなかったんだろ? 板野さんが入ってないマクロスなんてマクロスじゃねー ぐらいの勢いだと思うが、CGと板野サーカスは相性が悪いとかあるんだろうか?



リンク